米百俵の精神

8月31日
「百俵の米も食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」長岡藩の藩士・小林虎三郎による教育にまつわる故事で有名な「米百俵の精神」。先人の方が作り上げた土台は、その後の新潟に多くの偉人を産み出しました。まさに教育は百年の計なり。

0コメント

  • 1000 / 1000