ウッド感満載の書斎

8月21日
吉村昭記念文学館。ゆいの森荒川に併設されてました。恥ずかしい話、荒川生まれの先人にこういう方がいらっしゃる事を知りませんでした。日本の「戦記文学」の草分け的存在である吉村氏。その緻密な描写は、NHK「プロジェクトX」を始めとする、最近のテレビ番組の制作手法のモデルになっているらしい。書斎も再現されてます。こんな書斎で思索したら色々インスピレーション降りてきそう。

0コメント

  • 1000 / 1000