隅田川駅の区画整備事業について

以前、隅田川駅の区画整備についてお話をさせて頂いた事がありました。

広大な土地が広がる隅田川駅。

この駅をデッキ型に整備し、2階部分をショッピングエリアや映画館、企業本社、研究機関、ホテル等、様々な施設を誘致して活用するという提案をさせて頂きました。

その際に色々な御意見を頂きましたので、その後、私の方でも調べてみましたところ、デッキ型化されている駅を発見致しました。

三田線の西台駅です。

ちょっと視察に行ってまいりました。

全体の概観図。

ぐるっと回りを歩いてみたとこ30分ぐらいはかかったでしょうか、結構な大きさです。

隅田川駅ぐらいの大きさはありそうです。

ホームから見るとこんな感じ。

西台駅には、車両基地が隣接しております。

車両基地の上部は、鉄筋コンクリートでしっかりとした作りになっておりました。

構内は少し薄暗く無機質、夜はちょっと怖そうな感じに見えます。

安全面と景観向上の観点から、LED等で明るくし、可愛い絵を描く等、子供達にも人気が出るようなつくりにすれば良いと思います。

線路の上、デッキ部分には、大きなマンションが何棟も建っております。

もう少しグリーンを多くして、憩いの場やマラソンが出来るようなコース部分があっても良かったのではと感じました。

この日はすごい日差しでしたが、デッキ部分には風が吹き抜けていて、とても気持ちがよかったです。

デッキ部分を歩いていても揺れを感じる事はありませんでした。

パノラマ写真で俯瞰して撮影。

何棟建てのマンションの重さにも、デッキ部分は耐えております。

西台駅の場合、外周部分のスペース部分が殆ど無いため、もう少しデッキ部分を外へ拡張した方が良いと感じました。

隅田川駅の場合、貨物列車からの荷卸し等で上部スペースが必要であれば、吹き抜け等で対応していく事も可能かと思います。


あらためて隅田川駅を俯瞰。

写真手前から奥に抜けていく中央やや左側に位置する現在の南千住駅。

ここの2階ホーム部分と隅田川駅デッキ部分2階をつなげて整備拡張すれば、2階改札口からスムーズに人の流れをつくることが出来るでしょう。

誘客を図りつつ、地域の利便線が向上すれば、もう一段の若者世代の移住促進にもつながるはずですし、地域の活性化にもつながることでしょう。

木造密集地域が広がる荒川区において、これだけの広大な土地を活用しないのは勿体ないと思います。

特にこれからの都市部での発展のカギは、空中権が重要。

荒川区の経済エンジンの一つとして、もっともっと成長させてゆきたいところです。

南千住駅が繁華街として発展した場合、人口が集中した際の混雑緩和策の問題もあるかと思います。

その際は、以前から申し上げている都電荒川線の延伸が有効です。

三ノ輪橋駅で終点となっている都電荒川線。

これを南千住から汐入地区へ、そして隅田川沿いを走らせて浅草まで延伸させる。

そうする事によって交通の分散化を図ります。

これに関しては、台東区・墨田区との調整が必要になってくるかとは思いますが、下町エリアの都市開発モデルの一つの事案として、ぜひ大きな観点から取り組むべきだと考えます。

荒川区にはまだまだ大きな可能性が眠っております。

その可能性を花開かせて、子どもたちや孫の世代に、素晴らし未来を継承して参りましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000